動画市場はこれからも伸びる!

動画市場はこれからも伸びる!

YouTube・TikTok・インスタグラムなど、動画市場は過去に例がないほどの勢いを見せています。

皆さんも動画市場の盛り上がりについては、何となくイメージできるのではないでしょうか。

とはいえ、それが具体的な数値として、また何を根拠に言っているのか確かめた人は少ないと思います。

そこで本節では、動画市場の伸びや将来性について、詳しく紹介していきたいと思います。

丸投げで不労所得!?
ライバーディレクター養成講座公式HPへ

動画市場の将来性について

最初に結論からお伝えすると、動画市場の将来性は明るく、今後も右肩上がりで伸びていく業界です。

これは私がライバーディレクターのお仕事をしているからというわけではなく、ポジショントークでもなく、事実です。

企業の調査によれば動画広告に投じる費用は、これから4年掛けて2500億円から5000億にまで伸びると言われています。

今までテレビ制作に投じられていた資金や広告費が、どんどんネット上の動画に流れてくる見込みです。

またインターネットを牛耳るGoogleも、全てのコンテンツを動画化して提供したいと明言していることから、その流れはますます加速していくでしょう。

一方で、「動画市場=稼げる」ということが広く知れ渡ると同時に、自分でも動画を作りたい、配信したいという人が増えてきました。

しかし残念ながら、個人の動画クリエイター全員が稼げるようになるわけではありません。

ディレクターの需要も右肩上がり

自分の力では稼げない…その現実を突きつけられたライバーは、2つの決断を迫られます。

売れることを諦める」か、「売れるためのチャンスを手に入れる」かです。

そして売れるためのチャンス・切っ掛けを作って上げれるのがライバーディレクターであり、その術が池田さんの監修するライバーディレクター養成講座に詰まっています。

ライバー人口が増えるからこそ、ライバーとして売れる環境を提供できるディレクターの価値も、今後上がり続けていくということです。

実際、受講者の中にはライバーディレクター1本で生計を立てる人も少なくありません。

市場的にも時流的にもライバーの需要は大きく、まだ見ぬ可能性を秘めたライバーは今後も出てくるでしょう。

今からディレクターとしてのノウハウ・スキルを磨いておくことで、皆さんの市場価値も信頼度も大いに高まるでしょう。

丸投げで不労所得!?
ライバーディレクター養成講座公式HPへ
TOPページを見る